オーソティクスについて

ORTHOTICS

足と身体の悩みを軽減する
高機能オーダーメイド足装具

オーソティクスとは、米国の足病専門医療やスポーツ医学の現場で
使用されている本格的な足の補正装具(足底板)です。ひとりひとりの足の構造を
本来あるべき状態へと導き、足元から身体バランスやパフォーマンスをサポートします。

TROUBLE

こんな症状におすすめ

こんな症状に効果的

  • 足のトラブル
    • 外反母趾
    • 足の甲が痛い
    • 足の裏が痛い
    • かかとが痛い
    • 足がむくむ
    • タコや魚の目
    • 偏平足
    • 冷え性
    • 足首が痛い
    • ふくらはぎが痛い
    • 角質が気になる
    • 足が疲れる
  • 足以外のトラブル
    • スネが痛い
    • 膝が痛い
    • 股関節が痛い
    • 腰が痛い
    • 肩こりがひどい
    • アキレス腱が痛い
  • お子様のトラブル
    • 成長痛
    • 歩き方が気になる
    • ケガが多い

足元から解決します

  • 骨格を補正

    個々の足に合せてオーダーメイドで仕上げることにより本来足があるべき正常な位置である「中立位」に骨格を補正します。

  • 歩行・走行時の
    足の動きをサポート

    足を機能的にコントロールすることで歩行・走行時を快適な状態にガイドします。

  • 負荷を軽減…
    「点」から「面」へ

    適度な硬度の、足に合ったインソールを履くことにより足裏の局所圧を分散し、点ではなく面で身体を支えることが出来ます。

FEATURES

足元から身体をサポートする
FEET in DESIGN オーソティクスのポイント

FLEXIBILITY

柔軟性

オーソティクスは、体重に負けて
潰れないような「硬さ」が必要不可欠です。
それと同時に適切な「柔軟性」を持たせることも
非常に重要なポイントとなります。

STABILITY

復元性

体重と激しい動きに応じて、適切に「しなる」ことは
オーソティクスを構成する素材に求められる必須要件です。
FEET in DESIGNのオーソティクスは、この補正機能を
持続する「復元性」にも非常に適した素材を開発しました。

DURABILITY

耐久性

オーソティクスは、体重に負けて
潰れないような「硬さ」が必要不可欠です。
それと同時に適切な「柔軟性」を持たせることも
非常に重要なポイントとなります。

DESIGN

ひとりひとりに最適な
オーソティクスを生み出すために

バイオメカニクスに
裏付けられた設計

バイオメカニクスに
裏付けられた設計

バイオメカニクスとは、ある筋肉や関節が動くと、それに連動してどの部位がどう動くか、などといった身体の動きの学問です。FIDのオーソティクスは足の動きを機能的にするため、バイオメカニクスに基づき、踵と足首の状態を制御し、足をニュートラルポジション(正しい足の骨格構造)にします。

足病医学との連携

足病医学との連携

バイオメカニクスとは、ある筋肉や関節が動くと、それに連動してどの部位がどう動くか、などといった身体の動きの学問です。FIDのオーソティクスは足の動きを機能的にするため、バイオメカニクスに基づき、踵と足首の状態を制御し、足をニュートラルポジション(正しい足の骨格構造)にします。

高精度の4DF解析テクノロジーで、足の補正値を算出

高精度の4DF
解析テクノロジーで、
足の補正値を算出

バイオメカニクスとは、ある筋肉や関節が動くと、それに連動してどの部位がどう動くか、などといった身体の動きの学問です。FIDのオーソティクスは足の動きを機能的にするため、バイオメカニクスに基づき、踵と足首の状態を制御し、足をニュートラルポジション(正しい足の骨格構造)にします。

DOCTORS VOICE

医療法人社団SH<br>菅原脳神経外科クリニック<br>院長<br>菅原 道仁 先生

本当は歩ける!!

脳神経外科の外来では、脳の病気のせいで歩きにくくなった患者さんがたくさんいらっしゃいます。
その方々にオーソティクスの装着を勧めると、杖無しで歩けるようになったり、スポーツへ復帰したりしています。
また、慢性的な頭痛やめまいで悩んでいる方にも効果的なこともありますので、いつでもお気軽にご相談下さい。

医師

医療法人社団SH
菅原脳神経外科クリニック
院長
菅原 道仁 先生

医療法人社団 青泉会<br>下北沢病院<br>院長<br>菊池 守 先生

欠かせないオーソティクス

足の様々なトラブルを診ている足の専門病院では薬を処方するようにオーソティクスを処方しています。
症状に合った薬を正しく服用しないといけないように、自分の足と症状に合わせたオーソティクスを正しく装用してください。

医師

医療法人社団 青泉会
下北沢病院
院長
菊池 守 先生

爪と皮膚の診療所<br>院長<br>山口 健一 先生

巻き爪対策

当院では巻き爪矯正を得意としています。足の構造が崩れ、足趾が正しく使えていないことが巻き爪の原因であり、フィートインデザインのおかげで巻き爪に原因からアプローチ出来ています。

医師

爪と皮膚の診療所
院長
山口 健一 先生

医療法人社団健和会<br>函館おおむら整形外科病院<br>理事長<br>大村 健久 先生

根本に効果を発揮!

外反母趾、偏平足、足底筋膜炎など保存療法を行う際により効果を発揮してくれます。
足の構造が整うことで、筋肉や腱の負担が減りトラブル解消に繋がります。
運動パフォーマンスアップにも効果的です。

医師

医療法人社団健和会
函館おおむら整形外科病院
理事長
大村 健久 先生

医療法人ホームケア<br>よつばの杜クリニック<br>副理事長<br>皮膚科・フットケア外来<br>田中 摩弥 先生

欠かせない存在

胼胝、鶏眼、巻き爪、足潰瘍は足の基礎の崩れから起こり、
悪化すると足趾の切断に至ります。
オーソティクスは踵内側アーチから基礎を正確に制御し改善に貢献してくれます。

医師

医療法人ホームケア
よつばの杜クリニック
副理事長
皮膚科・フットケア外来
田中 摩弥 先生

奄美市住用<br>国民健康保険診療所<br>所長<br>野崎 義弘 先生

感動の連続

オーソティクスの納品日に杖をついて来られ、納品後に杖を忘れて帰った方や、両腕を孫2人に抱えられてきたのに帰りは1人で踊り出すほどのお年寄りや、8年ぶりに階段を登れた方など改善例は枚挙にいとまが有りません。また、看護師の妻がフットケアを施し、そんな方が更に増えて感動してます!

医師

奄美市住用
国民健康保険診療所
所長
野崎 義弘 先生

医療法人社団 林原医院<br>理事長・院長<br>林原 伸治 先生

驚きばかりです

魚の目・巻き爪は「削って痛みをとる」が治療と思っていましたが、
3年前にオーソティクスに出会い、完治させることができると知って驚きました。
また、オーソティクスを装着した瞬間から患者様の膝・腰の痛みが嘘のように消失して悦びもですが、驚かれます。
痛みが取れる理論も納得ができます。
これなくしては多くの足が救済できないと確信しています。

医師

医療法人社団 林原医院
理事長・院長
林原 伸治 先生

医療法人社団 紀翔会<br>花泉歯科医院<br>理事長<br>佐藤 アリサ 先生

食べることと歩くことは生きること

身体は、歪んだ状態を全身で調整しようとします。
歯も足も繋がっているため、一緒に見てあげることで身体全体が整います。
オーソティクスは踵から足の正しい形を作ってくれる大切なものです。

医師

医療法人社団 紀翔会
花泉歯科医院
理事長
佐藤 アリサ 先生

佐藤医院<br>院長<br>佐藤 康弘 先生

使ってみて分かる効果

職員も一緒に使っています。
腰痛が軽くなったという声が一番多く、
膝と腰のトラブルには、効果が高いです。
膝と腰のトラブルの方に使ってほしいです。

医師

佐藤医院
院長
佐藤 康弘 先生

/
PRODUCTS PRODUCTS

製品情報

PRODUCTS

ご購入を検討されている方

ご購入を
検討の方